粉河寺

今日は、和歌山の方に家族を乗せて日帰りでドライブに行きました。行く道中、紀ノ川にある粉河寺という天台宗系のお寺に寄りました。

わりと参拝に来られてましたが、本堂の中を拝観するには有料であった為か、誰もいず私だけが本堂の中にいました。

本堂の中央の護摩壇の前で少し座禅を組み、そのあと立禅気功をして見ました。

平安時代からの仏様達に見守られながらの立禅はかなり緊張感がありましたが、すぐに落ち着き、半眼で梵字を見ながら立禅をしているといつもよりずっしりとした気が身体に覆いかぶさるのが分かりました。

外に出て本堂の裏で、雲手などで気を練っていると粘っこい気が絡む感じがよく分かりました。

古いお寺での気功はすごく気持ちが落ち着き背筋に良い気が走るようです。


       

このブログの人気の投稿

心と太極拳

春日伝統太極拳での修行

新たな技