立禅

言葉通り、立ったまま禅をします。立ったまま気功という方が正しいのでしょうか。私は以前座禅による気功を、学んだ事があります。そして春日伝統太極拳で師匠に立禅を学びました。きっちりした鬆身法をしてからの気功は、以前やってたよりも段階が踏めて、大変やりやすくわかりやすかったです。

やってると足元から大地からの力を感じ、周りを取り囲む生命のエネルギーを大気中に感じます。しかしこれを操り、発する事はまだまだ先のようです。
写真は真言宗別格本山久米寺で午前に立禅をした時の写真です。なんのフィルターもアプリもかけずそのままの写真ですが、周りがぼんやりぼやけて写っています。

これは何なのか分かりませんが、以前動画を撮った大日如来の前で今回立禅をしたのですが、背骨にゾクゾクしたものを感じました。
私はこのような経験をよくしますが、特に不思議な事はないと思っています。至って普通の自然なあり方で、そりゃ朝に寺の仏像の前で禅したらゾクゾクするやろ、って感じに思っています。恐らく脊髄の気血の流れがいいからでしょうか。
ただこのような修行で実際武術に生かされ健康な身体作りが出来れば1番と思い、一生懸命取り組んでます。
自然なあり方でしかも最強の気功を学べる事に感謝します。
近日、某大手モールのカルチャースクールで師匠の伝統気功教室が始まります。更に体を強くし人生を豊かにしたい方は是非、体験会にお越し下さい。日にち決定しだいお知らせいたします!

このブログの人気の投稿

春日伝統太極拳での修行

新たな技

気功