カッコつけ

私は元来カッコつけです。
よく見せたい。よく見られたい。いつもポジティブシンキングでいたい。
そして、頑張ってる姿を誰かに評価されたい。

もちろん、みんな多かれ少なかれあると思います。私も大変その気持ちが強く、あまりへばってる姿を見られるのは嫌なタイプでした。

ところが太極拳を始めてから、身体や心がだんだんZEROの状態、つまりフラットで純粋な方向に向かっていて、自分が嫌だと感じてる事に敏感になりました。もちろん身体に関して言えば風邪や身体の変化にも敏感になりました。

つまり自分が感じる嫌な事やネガテイブな想いも受け入れてもええんちゃうん?と思い始めました。だからといって、ネガテイブな事を周りに言いまくる訳ではなく、ありのままでいようと言う事です。

ありの〜ままの〜姿みせるのよ〜♪って言う事です。ちょっと言いたかっただけですが。

一瞬、書く事忘れてしまいました

最近、少しプライベートや仕事で疲れ気味であまり練習に気が入らず、師匠にもバレてるなぁと思いそれでも、なかなか脱せなかったのですが、先日、双辺太極拳のクラスに参加した時、全套路を二回、最初は師匠が来られる前に先輩方と、そして師匠と一緒に一回通した所、気持ちも軽くなり、少し前に向けるようになりました。

やらなければならない事を毎日毎日してるとそのプレッシャーにいつしか押しつぶされそうになります。

だからこそ身体も心も柔軟で弾力がある状態にしとかなくてはならないのかなぁ。あ!これ師匠に最近、推手の時言われた事や。とまぁ実生活でも修行とリンクして、ちゃんと伝統拳を学ぶ事でさらに人生を良いものにしていきたいものです。





これに関しては、姉弟子もブログを書いてますので読んで見て下さいm(__)m

こちらは公式サイトです。クリックして下さいm(__)m

このブログの人気の投稿

春日伝統太極拳での修行

新たな技

気功