太極拳〜師匠の教え〜

今朝も石舞台にて自主練をしました。
気功では立禅をしますが、色んな自問自答をしたり思わぬ自分と出会ったりして、そんな時は自然と目をつむってしまいます。ハッとして目を半眼にするのですが、自分と会話し始めると目をつむってしまうんです。

だから立禅は半眼なんかなぁ?

自分の世界に入りすぎても目の前の現実を受け入れないといかんよという意味で半眼なんかなぁ?

弥勒菩薩や仏さんの像をみると、ほとんど半眼なんですよねぇ。今度師匠に聞いてみよ。

で、朝の風が心地よかったので、楊式を撮って見ました。
師匠を真似て音楽も付けて見ました。師匠の真似をすれば伝えようとしてる事がわかるかもしれないという浅はかな考えですが。(音量注意(^^;)


この世の中には自分の知らない世界がまだまだありそうで、これから生きるのが楽しみです。

これも師匠から学んでる太極拳から得られる感覚ですね^_^

身体が地球に引っ付いてる感じで風が吹いてて、これが最高なんですよねぇ^_^



さ。感傷に浸ってる場合じゃありません!

練習練習。(って師匠には絶対言われる(^^;))


このブログの人気の投稿

心と太極拳

春日伝統太極拳での修行

新たな技