内家拳

今日は香具山体育館で内家拳の体験会が行われました。
楊式、双辺の両太極拳の基本功をみっちりやり、形意拳の基本と最後は八卦掌の基本をやりました。

全て基本なので、太ももパンパンになってきました。師匠には、修行が足らん!と一喝されましたが(^^;
八卦掌は本当に初めてですが、円に歩いてるだけで、ものすごく集中しました。手型も独特で気もものすごく感じやすかったです。

立身中正を保ちながら歩くだけで、こんなに集中するとは思いませんでした。

その後の推手会では、色んな方と推手をし、崩しあいもしました。
崩しあいをすると何ができていないか、姿勢、沈めてるかが良くわかります。

師匠は先にやる事を知っておくと目指す方向が明確になると言う事でこの体験会を開いて下さいました。

早く、形意拳の先と八卦掌を学びたいなぁと思いますが、やはり、内家拳は学ぶ順序が大切なのだと言うことがよく分かった体験会でした。

このブログの人気の投稿

春日伝統太極拳での修行

新たな技

気功