推手

やはり、勁力と套路を理解しようと思えば、この推手をやるしかありません。

力めばこわばり吹っ飛ばされる。
緩みすぎるとパワーをまともに食らいアウト。
  
やはり、気功により沈み身体中と体の周りに気の塊をまとうしかありません。

今日も師匠との稽古では、推手もたっぷりやり、やればやるほど訳が分からなくなり、考えれば考えるほど、いなせなくなり、大切なのはやっぱり無になるしかないと思い至りました。

自然に身体がうごくまで、気功と化勁を意識した套路を練りたいと思います。

師匠に話したのですが、私は元来、人の話をあまり聞かないどうしようもない人間だったのですが、太極拳をやり始めて、自分の身体に意識を向けたりしていると、少し話が聞けるようになって来たかもしれません。

すると、推手の時も聴勁を使ってるからだろうねと、おっしゃっていただきました。

やはり修行をしてると色んな気付きがあり勉強になると感じましたm(__)m



このブログの人気の投稿

春日伝統太極拳での修行

新たな技

気功