太極拳〜朝練〜

早朝練習、石舞台でしたが、今日はマラソンイベントがありステージが使えなかったので、芝生の上で練習。

たまには地面もいいなぁと思い気功をしてると、だんだん足裏から地熱が伝わり、丹田に気が集まるイメージができます。

天空と地球からのエネルギーを感じながら気功をしましたが、汗が止まらない。

さらに、双辺太極拳を練りました。さらにさらに、楊式太極拳を練ったら道着が ベチャベチャになりました(^^;

練習という感じではなく、メンテナンスしてる感じですね^_^

身体の中の色んなものが体外に流れ出て、クリアな飛鳥の空気が身体に入る感じです。

双辺はアップダウンを意識して、すると重力に引っ張られてるのがよくわかります。楼膝拗歩はかなり上から下に落ちて行く感じで練りました。身体がすごく重く感じました。

楊式は、周りの気を撫でる感じで練りましたが、風が気持ち良く身体がすごく軽く感じました。

楊式刀は二回程ゆっくり、残り二回は普通の速度で定式では止まるように。そして、切りながら練りました。

身体が程よく疲れたので、芝生に寝転び休憩。
身体が地球に吸い込まれそうで、芝の香りも鳥の声も、心地よく流れてる音楽みたいで本当に気持ち良かったです。



最後に形意拳三本を軽く流し、練習終了。

身体の中が、かなり熱く冷たいリア◯ゴールドが美味しかったです^_^

春日伝統太極拳公式ホームページ

このブログの人気の投稿

春日伝統太極拳での修行

新たな技

気功