投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

太極拳〜自主練〜

イメージ
朝練を石舞台にある風舞台でしました。
今週の土日、飛鳥光の回廊なるイベントがありその設営のようで、芝を刈ったりされてるのが秋らしくよかったです。

太成気功をたっぷりしそのまま、楊式太極拳全套路、続いてイベント用に楊式28勢、双辺14勢、二、三回やってから、双辺全套路と楊式刀を休憩なしでいきました。 太極拳がすごいのは、2時間続けてやってても全く疲れない、それどころか脱力し、身体がすごく自然な状態になる所です。
昨日、姉弟子の散手稽古台になりカチカチになったので逆に筋肉痛になりました。 やはり緊張した体を意識的に作っただけでも体には負担になると言うことがわかり、現代でスマホやパソコン、もろもろの職業で緊張した体で従事されてる方達は是非、太極拳をして欲しいと思います。
肩こり、腰痛は必ず楽になるはずですね^_^ さらに心も緩まるので、周りの自然や状況を受け入れやすくなり、かなり楽にもなる。
中国の昔の人はなんという便利なものを作ったんやろと感心してしまいます。だからキチンと伝えていかなければならない為、その段階に応じた奥義があるんでしょうね。
なんて考えながら、咲きはじめの秋の彼岸花が風に揺れてるのを見てました。

雑念だらけ

イメージ
今日は姉弟子とイベント用に散手の稽古を、師匠監修の元、行いました。

最初、姉弟子に重たいと、 師匠からも沈んでると、
沈む修行ばかりしていたので逆に、カチカチの身体に出来なくなっていたのです。
師匠は、カチカチにする事は普段はあまりなく、基本は脱力する事なんだけど、技が掛かりやすいのは、気が浮いていて硬い身体だと言われたので、
では、雑念だらけにします!と
明日食べるラーメンの事や、あんな事やこんな事´д` ;やましいありとあらゆる事を思い浮かべ! 雑念を考えはじめ、さらに太極拳を始める前のチャラい自分を思い出し、と師匠に言うと師匠は肋骨痛いのに笑かしてしまいました^_^
ってな事で、姉弟子との散手の受け手は、雑念を考え、色んな風に気をコントロールする修行にしたいと思いながら、かなり楽しかったです٩(^‿^)۶
さぁ、橿原神宮夢の森フェスティバル楽しみたいです^_^

太極拳〜秋のはじまり〜

イメージ
今朝久々の朝練。どうも最近、子供や色々な事があり気功しか出来ずあまり套路を通せて無かったのですが、今日はゆっくり落ち着いて、楊式太極拳と双辺太極拳、楊式刀を通せました。


今意識してるのは、丹田。
套路を通している時ずっと丹田が沈んでるかを確認しながら通すようにしています。これをしてると独立歩でグラつかなくなりました。
あと、掌に気を感じながら通すようにしてます。操手の延長のようで気の海で泳いでるようです。
子供が熱を出して夏風邪を引いてしまい高熱が出ていたのですが、寝てるとき横で気功をずっとやっていました。次の日、イメージ通り平熱に落ち着き、はやく回復しました。
今日は秋の風が吹く中、楊式太極拳を気持ちよく練り私も体力気力をチャージ出来ました^_^